テニスボールの規格サイズ比較【硬式・軟式】

硬式球と軟式球

テニス使われるボールには、硬式球と軟式球の2種類があります。

硬式球は、いわゆる硬式テニスで使用されるボールで、構造的には厚いゴムボールに毛羽のあるフェルトを被せてあり、フェルトによる特有の反発性をもちます。

一方、軟式球は、ソフトテニスで使用されるボールで、素材はやわらかいゴムで出来ていて、片手でもかんたんに変形させることができます。

因みに「軟式テニス」という呼び方は通称で、1992年のルール改正より正式名称が「ソフトテニス」となりました。

正式競技名称 別名、通称 使用されるボールの名称
テニス 硬式テニス 硬式ボール、硬式球、硬球
ソフトテニス 軟式テニス(昔の呼び方) 軟式ボール、軟式球、軟球

テニスボール(硬式・軟式)のサイズ比較

種類 直径 重さ 備考
硬球 6.54 – 6.86cm 56.0 – 59.4g 黄色または白色 表面を均一な布地で覆う/縫い目不可
軟球 6.5 – 6.7cm 30 – 31g 原則、白色 空気の入ったゴム製のボール
  • 硬球は、国際テニス連盟(ITF)による規格
  • 軟球は、(公財)日本ソフトテニス連盟(JSTA)による規格

※ 硬球は後からの空気補充はできませんが、軟球は後から空気の充填が可能です。

バウンドの高さの定義

硬球:高さ254cmの高さからボールを落下させた時に、134.62~147.32cmバウンドするもの。
軟球:試合コート上で、1.5mの高さから落とし70~80cmバウンド。

ソフトテニスのボールの定義は以下のようになっています。

ボールは空気の入っているゴム製品で、原則として白色とし、その規格は次のとおりとする。

(1)バウンドの高さは、マッチを行うコートにおいてボールの下端が1.50mの高さから故意に力を加えることなく落下させた場合、コート面で弾んだ後の最高到達点がボールの下端で70㎝から80㎝までの範囲となるよう調節する。(2003年以前は65㎝から80㎝)

(2)重さは30g以上31g以下とする。

(3)直径は6.6㎝(±0.1㎝)とする。

[解説 3]公認球は、白色及び黄色であるが、大会要項でボールの色について触れていない場合は、白色のボールを使用する。なお、競
技に使用することによってボールが自然に変色した場合は、そのボールは元の色のままであるとみなす。

(公財)日本ソフトテニス連盟 審判委員会 競技規則第13条(ボール)

硬球の「プレッシャーボール」と「ノンプレッシャーボール」

テニス・プレッシャーボール
プレッシャーボールは、ボールの気圧を保つため、高気圧のスチール缶に入って販売されている。

硬式テニスボールには「プレッシャーボール」と「ノンプレッシャーボール」と2種類あり、それぞれボールを弾ませる仕組みが違っています。

プレッシャーボールは、ボールの内圧とゴムの力で弾ませる仕組みで、販売時には気圧を高くした缶に入っています。

大きな大会の試合球にはほぼこのプレッシャーボールが使用されますが、短所として、缶を開けた瞬間からボール内部の気圧が落ち始めてしまう為、ボールが徐々に劣化していってしまうことです。併せてボール単価も高いためコスパは比較的悪めです。

対して「ノンプレッシャーボール」は、缶ではなく、そのまま販売されています。4コセット売りの場合は、筒に入っています。

ノンプレッシャーボールは、ゴムの力のみで弾むような仕組みになっている為、高気圧缶に入れる必要はありません。

プレッシャーボール」と「ノンプレッシャーボール」は打球感が違うので、目的に併せて使用すると良いかと思います。(ノンプレッシャーボールの方が打球感は重い)

他のスポーツの球は全てノンプレッシャーボールで、プレッシャーボールは硬式テニス独特な仕組みのボールと言えます。

硬式テニスと軟式テニスの違い

硬式 軟式
ボールの種類 上記の比較表を参照。
コートの広さ 硬式、軟式とも同じ広さ。
シングルスコート:8.23m × 23.77m。ダブルス:10.97m × 23.77m
ネットの高さ 両端部:107cm。中央部:91.4cm 両端部、中央部共:107cm。
ラケット 重量:250 – 340g
ガット張力:40 – 60ポンド
フェイス面積:95 – 135平方インチ
重量:180 – 270g
ガット張力:25 – 30ポンド
フェイス面積:90平方インチ位
カウントコール 0(ゼロ)
1(ワン)
2(ツー)
3(スリー)
4(フォー)
0(ラブ)
15(フィフティーン)
30(サーティー)
40(フォーティー)
G(ゲーム)
3ポイント対3ポイントの場合は、どちらも「デュース」とコール。

有名テニスボールメーカーの一覧

  • Wilson
  • DUNLOP(住友ゴム)
  • ブリジストン
  • YONEX
  • HEAD
  • ナガセ・ケンコー
  • 昭和ゴム
  • カイザー

関連外部リンク